2016年04月23日

乗車姿勢をちょっと変えてみた話。

5月の本番に向けた準備の一環で、注文していたサドルとタイヤが届いたので、
サドル交換を機に、乗車姿勢をちょっと変えて走ってきた。

それまで使っていたサドルに比べて今回のサドルは厚いので、座る位置も自然と高くなる。
そうなると、ペダルを回す足の具合が変わってくるので、サドルを下げる必要があった。
ついでに、乗車姿勢に関してもちょっと意識して乗ってこよう、という話で。

スクワットのこう、かがんだ時の姿勢や、激しい運動をした後の両ひざに両手を当てて、
肩で息をしているような姿勢。スキージャンプやスピードスケートの姿勢。
まあ、何というか、お腹から上を曲げる猫背ではなく、股関節を曲げて前傾を取ることで、
呼吸が圧迫されずに済む、と色々な本に書いてあった。

飛び飛びのスクワットが少しは作用しているのか、ビブタイツでこう、胸筋が開いていたのか、
まあどちらにしても、上記の事を意識しながら前傾を取ったら、
昔ゼイゼイで登った坂の登りなどを通じて、本当に呼吸が苦しくなかったことを実感。
そして、以前よりずっとハンドルが近く、視点が低いような気がする。

やっぱり、空気抵抗やら、脚力やら、自転車でスムーズに進むためのポイントはいくつもあるけれど、
「無理のない姿勢」で、「呼吸を乱さない」ってのも、実際の走行にかなり関わってくるんだな、と。

ただ、良いことばかりかと言われると、首回りで随分力んで居たり、
二の腕に体重が乗っていたようにも思う。形になっているとはとても言えないよなぁ。。

これが、長時間長距離でどうなるか…当日はどうにか息切れせず走り切りたい所だけれども。
連休の東濃滞在中にどれだけ走れるかだなぁ。
posted by shunsuke at 09:36| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

ヒルクライムの話。

5月に秋以来の自転車イベントに出るので、合間を縫って準備していたり。
腹筋やスクワット、休日朝にちょっぴり走ったり。そして、その秋のイベントでは
登りで壮絶にへたれたので…久々に自転車本を読んでみたり。
(具体的にはベーシックな本とヒルクライム特化の本、雑誌も図書館で何冊か。)

どの本にも書いてあったのが「姿勢安定」(と、脱力も)の重要さだった。
BB付近に体重を乗せて、腕を突っ張らないようにして、登りでは前傾やサドル前乗りにせず
フォームを斜面に合わせて「微」調整する…と、理屈としては分かるのだけど、
「動きを大きくすることが、周囲にやっていることを分かりやすく伝える」のかなと
思っていたのもまた事実だったり。

今日はその辺りを意識して走ったのだけど、(涼しさも関わっているとは思うけど)
以前ほど苦しくなくて驚いた。
登りでの前傾しすぎは呼吸を阻害するとか、フォームの崩れはリズムの崩れに繋がって、
筋力の消耗を早めるとか…そういった事も頷けたのだけど、、

ふと、小学校でやった「白線をまっすぐに引く方法」を思い出したりしていた。
曰く、手元足元を見て一生懸命まっすぐ引こうとするよりも、「終点」に誰かが立って、
ライン引きを後ろ手に持って、終点に向かって歩いていく…といった具合。
自分でも忘れていたことをよく思い出すなぁ、と。

峠のてっぺんに到着した時に「まだ登れるぞ」って思えるのは…
いやぁ、みんなが見ている景色ってこういうものだったのかって思う。
30代も半ばで、筋力で強引に片付けることもできなくなってくるわけだし、
これからは省エネで頑張りたいなと。

ここまで書いて…イベント当日ヘタれるかも分からないけれど笑(体重は若干増えてきたし。。。)
posted by shunsuke at 06:42| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

成長を感じた瞬間の話。

3歳を迎えてから、わずかな期間で「できること」が広がっているとホントに思う。
モノの扱い方や、トイレ、口ずさむ言葉、下の子への接し方…等々。
短期間にここまで変わるとなると、他所の子と比べて少しぐらい出来ないことがあっても、
焦ってはいけないものなのだなぁ、と改めて思ったり。

タイトルにもある、「成長を感じた瞬間」としては、ショップのカタログを貰ってきて、
ソレについて子供と色々話すことをしているのだけど、
(カラー写真がふんだんに使われていて、新品かつボロボロにしても良いという点でかなりの強みがあると思う)

先日は、コールマンのアウトドアワゴン(車輪が付いててモノを運べる奴)を、
「コレ、公園で見たよね?」と尋ねたところ、「違うよ。お店だよ。一緒に行ったお店。」

いやぁ…その時の感情を文字に表すのはとても難しいのだけど、しばらくニコニコを抑えることが出来なかった。
指差したり、名前を呼んだり、逆質問したり…ではなく、初めて訂正されてしまったぞ、と。
今後、数えきれないほど訂正されることは必至だけど、恐らくコレが最初の1回だろうなぁ。

あんまり舞い上がったもんで、学研のDVD付き動物図鑑(ドラじゃない奴)を急ぎ購入してきてしまった。
どうやったら子供の「違うよ」を引き出せるかを考えるだけでワクワクする。


また、ちょっと聴いただけの歌も口ずさめるようになってきた。
今の所は童謡や「おかあさんといっしょ」の曲が中心だけれども、
「CMソング」とか「ジングル」に触れさせる時間は意識して短くしないといかんなぁ、と。
posted by shunsuke at 21:26| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

機種変の話。

スマホにはスマホの良さがあることは分かっているし、WEBメール一本化にも憧れるのだけど、
諸々の理由からガラケーを愛用中。

どんどんやれることが減ってきているガラケーだけど、今年に入ってから
よく使ういくつかのサイトから「証明書エラー」で弾かれるようになったのをキッカケに
機種変をすることを決定。店舗を回ったり、ネットを使ったりで情報収集。
(どうやら2011年以降に発売した機種は「証明書エラー」が随分マシらしい)

あるお店ではガラケーを探していることを告げた途端ぞんざいに扱われるし、
通勤ルート上の店舗では「ガラケーの店頭在庫は皆無」という状況。
提供側が止めたがっていることをつくづく思い知った。
新品も無し、メーカーの修理受付もなければ替えパーツもなし。
まるでどこかの「世界崩壊前からの遺産」のようであるなと。

とはいえ、どうにかまともに使えそうな機種を手に入れて、機種変更をして貰ったのだけど
…手続きを行う為だけに訪れたお店での勧誘がとにかく凄かった。
(ぞんざいに扱われたりせず、きちんと手続きしてくれただけ物凄くマシなんだろうとは思うけど。。。
ただ、「データ移行」の説明は思いっきり不足していると感じた。)

詳しいやりとりは省くけれど、自分に「魅力的なスマホゲーム」に勝てるほどの意志力は全然ないわけで、
もしスマホを持ったら、ヨメさんが良い顔をしないのは火を見るより明らかだと思う。
(「通話・メール・簡単なイベントの確認」に絞られている現状ですら、なぁ。。。)

これが「あるけど使わない」を貫ける人なら、ソッチが本当はベターなんだろうけれども、
自分は「元々持たない」を見せていくしかない、と。

家に無線LAN環境があれば、ネットプランに入らずに格安でタブレットを持てるってオイシイ話も、
既にパソコンがあるし、それですら、深夜早朝に出来るかどうかって状況で、
万が一タブレットを持つとしたら「外でこそ」使えなきゃ意味ないよなぁ、と。
(ましてや、不注意が原因で液晶を割る、なんてことが有り得ると、自分で良く分かってるし笑)

通話プランの見直しだって、「通話し放題」と同じくらいの通話料払っていることに関しても、
大体は折り返しや実家とのやり取りだし、通話の少ない月に安くなるならそれに越したことはない。
…たまたま、夫婦での通話料やらプランやらを一通り見返した上で臨んだわけだけど、
一体どんな客だろうと思われていたんだろう。マニュアルでもあるんだろうか。

まあ、何はともあれ、機種変更も完了して、電池パックの予備も手に入れられそうなので、
あと数年は環境を変えずに行けるかな…と。
posted by shunsuke at 01:41| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

「新幹線移動」の話。

行事や保護者付き合いや何やらで忙しくなる幼稚園前に、
自分側の両親に孫らを見せたいってことで、急遽、実家へと帰ることに。

それに加えて、母親の使ってる自転車が壊れたってことで、こちらで余っている小径車を実家へと送りたかったので…
自転車を乗せられる大きなレンタカーにするか、輪行で後者にするか迷ったのだけど、
結局後者にすることに。 つまり、子供二人&自転車を持っての新幹線旅。

新幹線は幼児無料だけど、その分席が無いので、膝の上が前提という話。
だけど、特に上の子がそのポジションでおとなしくしているわけがなく…今回に関しては
最初から最後までデッキで過ごすつもりで臨んだ。(幸いにしてデッキも温かかったし)

初めて子供を連れて新幹線に乗ったときは、多目的個室の近くをわざわざ指定したり、
授乳のタイミングを考えたり、乗車中もオムツに常に怯えていたのだけど…
今回はその辺り、驚くほど無策だったように思う。 けど、トラブルがなかったのも事実。
子供関連ってとにかく先読みと入念な準備に走りがちだけど、割と出たとこ勝負でも何とかなるな、と。
(ただ、3歳児をおとなしくさせておくには、気乗りはしないけど菓子パワー;)

今回の帰省も、経由地や移動をとことん絞って、両親と孫との時間を少しでも多くしたのだけど、
それが功を奏したのか、お互いが楽しい、何日にも思えるような濃い時間だったように思う。
(帰り道、地元駅に降りてからと、帰宅後の子供の入浴等々はかなりキツかったけども。。
この辺り、車移動であれば、出発前に実家に寄って、子供らを入浴させてから行けるんだけど。)

向こうには行きたい場所、会いたい人も沢山あるのだけれども…新幹線でわずか90分ながら、
遠さを感じてしまうなぁ。あっという間に時間が経ってしまうのだろうなぁ、と思わなくもないけど、
今は、子供がすくすく育ってくれているので、良いとしよう。
posted by shunsuke at 07:58| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする