2017年04月25日

「桜のアルプスあづみのセンチュリーライド」に参加してきた話。

先週末は、松本市郊外を起点としたサイクルイベント「AACR2017」に参加してきた。
名古屋寄りの塩尻に宿を取って、マップルの長野県地図を背負い、
松本城経由、大町まで走ってきた後でスタート地点で受付。
銭湯に入り、リニューアルしたばかりのヨーカドーで食料一式を買い込み…と、
昨年秋に北アルプス山麓GFの為に訪れたときと比べると、このエリアにも少し慣れてきたかなという感じ。
「携帯でネットに繋がない」縛りも継続できて何より。

(その昨年秋はバーストパンクに見舞われ、松本市内の夕方大渋滞に飛び込み、と散々だったもんなぁ、と)

CA3H0233.jpg


そして迎えたAACR本編は、信号も少なく、フラットな区間が多い…と、とても走りやすかった。
(エイドも手作り感満載の補給食に加えてトイレの位置までが近く、よくよく練られたイベントだなと)
「クラス分けなしの150km一本」ということで、どんな屈強な人が揃っているのかと思ったら、
非常にノンビリとした雰囲気だったように思う。フォトスポットで足を止めて撮影したり、
エイドの人たちと談笑したり…「気温上昇を見越して上着無し」で臨んだ結果
むちゃくちゃ寒かったことを除けば、まあ良かったかなと。笑

ただ、前後にたまたま人が居なかったのか、抜かすことも抜かされることも非常に少なく
ほぼ単独走みたいなノリだった。エイドの食事やトイレでは行列がなかったし、
好きな時に足を止めて好きなことを出来たのはとても良かったのだけど…
「信号待ちで見知らぬ人とコースについて話す」とか「他の人の走り方を研究する」といった要素は
今回あまり味わえなかったかなとは思う。

「走り方」については、やっぱり省エネの大切さを改めて感じた。序盤に筋力を温存する為
インナーばかりで走っていたことで、予想外の上りや向かい風に(筋力を)使うことが出来たし
今回接点のあった「速い人」は、皆一連の動作に無駄というか、スキがなかったように思えた。
(一見ダイナミックに動いているようでも、基礎の積み重ねだったりするのだろうなぁ、と。)

客観的に見て分かりやすい「オーバーリアクション」は、自転車に限らず求められる場面は多いし
今回のような晴れの日のイベントでは自然にテンションが上がっていくものだけど、
自分の走りが「水ばかり跳ね上げてちっとも前に進んでいないバタ足」になっていないか
注意する、ってのも良いかもしれない。
posted by shunsuke at 01:56| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

モバイル機器の話。

これだけスマホが浸透しても、ガラケーを使い続けているわけだけど、
数年前から閲覧できないサイトが増えてきて、フル料金を払っているにも関わらず、
動作制限されているような状態が続いていた。具体的にはウィキペディアや知恵袋、WEBメールが見られない。
SNSも閲覧できたり出来なかったり…

それに加えて、自分的にはスマホではないことでバランスを取っているつもりでも
育児に直面しているヨメさんから見て、携帯画面かじりつきは気持ちの良いものではないようで。
(まあ、「よそ見」なわけだから当然っちゃー当然なわけだけど…)

そんなことがあって、今朝から思い切って、ガラケーのWEB断ちをしてみることに決定。
ホントは閲覧を不可能にしたかったのだけど、Eメールもなくなると言われたので…それは断念。
とりあえず、通話とパケットのプランを一番安いものにして、ブックマークも
乗り換え、渋滞、地図サイトを残して全て削除。有料サービスは解約
親戚には「急ぎの用事は電話にしてください」の連絡。

一日やってみた感想としては、意外と行けるもんだなと。

特に前職で、しんどいときに「会社外の繋がり」に大変救われたというのがあって
外との繋がりが極端に狭まってしまうことに不安はあるけれど、まあ、数年前から
育児を抱え、仕事での課題も増え、フルで参加したり、応えることができなくなっていたしなぁ…と。

ガラケーのサービスが細かくどう変わろうが、タイムラインがどんな投稿で埋まろうが、
自分のコメントになかなか返事がなかろうが、「いつでも閲覧できる」から悶々とするのだなと。
まずはこのサイクルを4月まで続けてみたいところ。

モバイル機器、(サーフェスならともかく)スマホ全般やAPPLE製品の扱いがからっきしである点が
加速しそうではあるけれど…「若手の方が間違いなく詳しいんでそっちに」で乗り切ろう。。。
posted by shunsuke at 22:00| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

公園遊具の話。

随分前に、同じようなテーマでブログを書いたような気がするけど…
子供が2人になっても、休日の行先としては相変わらず公園を選ぶことが多い。
テーマパークや時間割の有料施設に連れて行けば、まあ外れはないわけだけど…
シャットアウトは無理としても、なるだけキャラ要素、ビデオゲーム要素から離れられれば、
ってまあこじつけだけれども。笑

気の向くままにポイントを並べてみる。
◇規模
インターネット検索ですぐにヒットするような"地域を代表する"大規模公園は
未就学児連れにとって、それなりにアウェーな面もあると思う。

まず、駅や駐車場から遊具スペースまでの距離が長かったりするとしんどい。
石だの水路だののランドマークに引っかかってなかなか目的の場所に行けない、というのは
まあそれも公園遊びの一部だと思えるけど、結局最初から最後まで抱っこだったりするし。
急な雨、服を汚した、食べるものがないままお昼を迎えた、など、さまざまな要素に関わってくると思う。

んで、最近整備されたような地区公園などに比べて、設備に年季が入ったところが多いと思う。
トイレとかトイレとか…ベンチや遊具も。しっかりメンテされている所も多いけれども。
また、野球場とかテニスコートがあると、朝から駐車場が一杯だったりするし、ちょっと読めない。

◇遊具広場
木製だったりロープが張られた遊具というのは、お金が掛かっているのだろうけど、経年劣化が早いと思う。
最近設置されたような、カラフルな大規模複合遊具であれば、基本的に外れはないわけだけど、
見た目から受ける印象より遊びの幅が狭かったりするようなものもあるし、
例えば「高所部分に行く手段が梯子のみ」に「子供がごった返している」が加わると、
監督がしづらいスペースが生まれてしまうので、そこは避ける。
目にしたら子供は行きたくなってしまうので…その時は腹を括って、飛び込む。

あと、これはインターネットから読み取れないのだけど、足元の状態は結構重要だと思う。
砂がちの場合、靴にたまる砂に配慮しなきゃだし、泥がちの場合、遊具や服の汚れが酷い。
両方に共通するのは、予想以上に滑りやすくなるという点。
クッションフロアも良いのだけど、特に日陰に水が溜まっていたりする。


今は、「小規模公園に中規模〜大規模遊具」があるところが結構やりやすいと感じていたり。
親の目が届きやすいし。(二人連れているとどうしても上の子に目が届かない時がある)
posted by shunsuke at 06:58| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

ツールド西美濃…を雨天で走らなかった話。

連休中日はツールド西美濃だった。今年で3回目の開催。
交差点の数々に警備員やボランティアを配置。エイドも実に豪華。
自治体バックアップの恩恵をこれでもかと思うくらいに受けられるイベントなので…
当然、エントリーも激しく、今年は募集開始から15分とかで終了した筈。

去年後半で息切れした苦い記憶があり、この1年の鍛錬はこの日の為に行ってきたとも言えるのだけど。。。

前日段階で90%の雨予報で、朝の3時前に起きたときには曇り。既に自転車は積み込んでいたので
ウェアだけ着替えてハンドルを握り、朝食と水を買いに市内のコンビニに入った時には土砂降り。
(鈴鹿エンデューロや富士エコで、土砂降りの中を走った経験はあるにはあるけど…)
少し迷ったうえで、参加中止を決断。そのまま引き返してきた。

せめてゴール後の自治体パンフだけでも貰ってこようと思い、11時過ぎにスタート地点を(家族と)
訪れたのだけど、もう会場は撤収作業が大分進んでいる感じ。
(この時点では知らなかったのだけど、130キロが40キロに短縮されて、朝のうちにゴールとなっていたとか)

疲れ切った様子のスタッフさんと話して、記念品を貰うことができた。
来年どうなるのか分からないけど、もし開催の折にはエントリーしたいなぁ、と。
気軽に参加できるエリアの、数少ないロングライドイベントだし、他のイベントで一緒になった
サイクリストの方もきっと走っているだろうと思うしで。。。

しっかし、コレ書いているとますますもって悔しいなと笑

160920.jpg

完走証やゼッケンの「垂井町 竹中半兵衛」にいつも笑う。
posted by shunsuke at 05:39| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

「北アルプス山麓グランフォンド」に参加してきた話。その4(おわり)

ちひろ美術館では、同じ区間を走ってきた親切な方から「サドルかなり低くないですか?」と声を掛けて貰い、
早速チェックしたところ、ピラーがかなり沈んでた。サドルバックのベルクロなのか塗装なのか…
とにかくこう、無理やり押し込んだ感が一目でわかる感じ。2cm以上は沈んでいたような。

(車での)運搬の時なのか、上りの時なのか…いつこうなったのかが分からない;とはいえ、
サドル位置を適正位置へと戻して、走り始めた。
確かにこう、平地に入ってから下ハン持った時の頭の位置が周りよりかなり低いように思っていたけど…
少しは筋トレの効果が出ているのかも、と思う一方で、どれだけアバウトに乗っているんだろうとも。

こんな事態になっているとは思わず、お礼もそこそこで済ませてしまったことに関しては
正直悔いが残っているのだけど、今後同じような状況…自分が助けて貰ったり、もしくは
他の人の何かに気付いたら、もう少し積極的なアクションを取れたらよいなと思う。

趣味で10年以上続けているロードバイク、良いことあるじゃん、とも。

しかしながら…サドルは適正位置に戻した筈なのに、ペダル下死点で何かひざが伸びきっているような気がして
正直ペダルを回しづらかった。(それまでの疲れも相当関連していたのだとは思うけれど。)
それに加えて信号のない「なだらかな上り」が延々続く。お昼の日差しもきつい。
その為サドルバックに潜ませていたアミノ酸を摂取。途中の販売機では迷うことなく水補充。

このままゴールまで登っていくつもり…だったところに予想外の大町温泉郷エイド。
蕎麦のような「おざんざ(何回書いても覚えられない)」と焼きドーナツ。
そして、多くの参加者の姿にエネルギーを貰い、もうひと頑張りしようとさらに上る。

「これがスタート直後の状態なら、へっちゃらなのに…」と何度も思ったけれども、
どうにか足を止めずに…爺が岳スキー場、そして前日試走で走った風景に差し掛かる。
後はまあ、力を振り絞ってそのままゴール。

MCのお姉さんのハスキーボイスが誰かに似ているんだよなぁ、と思いつつ
ゴールゲートを潜っても結局思い出せないままだった。

ゴールでは完走証のほかに、味噌汁、おにぎり、漬物のテントがあった。
色々とやりたいこともあったし、自転車の状態を確認もしたかったのだけど…
当日中に妻子を拾って家にまで帰らないといけないので、早々と会場を後にする。
嫁さんへのお土産は、安曇野IC近くの商業施設内でおやきを購入していった。特にクレームは無し。
事故もなく無事に帰れて本当に良かったと思う。


天候に恵まれたことが大きいけれど、走りごたえ十分なコースに、
前日からホイールトラブル絡みで世話になった主催側の方々、エイドで接した地元の方々、
同じくらいの時間でコースを走った他の参加者(特に単独参加の方々)が
皆一様に優しくて、とても良い一日だったように思う。

運営やコースが重なっているという「アルプスあずみのセンチュリーライド」の方にも
今度は参加してみたいと思った。中津川や名古屋からのアクセスが良いし。
…ヨメさんの許可次第かな。。。
posted by shunsuke at 23:59| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする