2016年09月11日

「北アルプス山麓グランフォンド」に参加してきた話。その3

市役所美麻支所を超えてからは下り…の後はひたすら山間の集落を上る。
木陰が多いので走りやすかった。その合間に年季の入った家々とか、
棚田とか、蕎麦畑とか、大町市街とは反対側、R19方向の景色なんかも見渡せたりして。

上りの途中で給水所。スポーツドリンクが振る舞われた。
コレも(ルートに明るくないがゆえの)完全に予想外で、とても有り難かった。
車もなく、他の参加者もせいぜい視界には数人しかなく、ほぼ目の前の上りに専念できる木陰の空間。
ある意味、このイベントでの中でもかなりの「旨味」があるエリアだと思った。

グループで励ましあいながら上るのもきっと楽しいだろうなと。

給水所からもさらに上って、恐らく最高地点近くでの大峰高原エイド。
おにぎりと漬物バイキング、(りんごとかジャガイモも食べられたように思う)美味しかった。
おにぎりに味噌をつけ放題なのだけど、これが疲れた体に丁度良い。
後で食べたとき、このイベントや、自転車に乗っている時のことをを思い出しそうな、印象的な味だったなと。

エイドを超えたら、峠の狭い道を急激に下る。正直カーブが苦手なのと、
ルートを間違えそうなのでゆっくり進んでいたけど、
途中で混合トレインに追い抜かされたので、ここでも最後尾にタダ乗りさせて貰う。
後ろから上手い人らのライン取りを観察させて貰うことは、とてもタメになった。
きつい左折の場合はこんな感じでアウトから侵入するのか、とか、
カーブを抜けた先はここまでスピードを出すものか、などなど。

そのままの勢いで平地に入り、うって変わっての田園風景の中をひたすら進み、
ちひろ美術館のエイドへと。キンキンに冷やしたブルーベリーや
「ナガノパープル」なる、ブランド巨峰が振る舞われた。どうやらここからは
120km以外のコースとも共通らしく、それまでとは段違いに人が入っていて驚いた。

平地は平地で、風が強かったら走りづらかっただろうな…と。
posted by shunsuke at 06:58| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック