2016年08月30日

「スポーツ自転車の乗り方」の話。

このところ、自転車に乗っていてかなりの手ごたえを感じる。
5月のGF東濃では、友人2人と上級コースで根の上高原を登り切ったし、次の週末には
単独で北アルプスGF120kmコースに挑んでくるつもり。

(まあ、狙いどころはあくまでもイベントでの快走・完走であって、楽に速く走れたらいいな、くらいだけど。)

「ペダルを回す」コツとしては、昔から「太ももを上下させる感覚」とか、「手前に引く感じ」
「ひざより先を脱力」「サドルを高めにする」「○時〜○時までを踏む」などと
たくさんのキーワードを拾いつつ、また活かせないでいたけど、少しはピンと来るようになった。

後で見返したら恥ずかしくなったり、修正したくなるかもしれないけど…現時点で感じていることを
自分のブログに記せれば、と思う。そりゃもう思うままに笑

まずは、「体幹(を鍛えよ)」ってのはよく出てくる言葉だけれども、
基本的なフォームを試すには、ひたすら走り込むだけでなく、自転車無し(器具無し)での筋トレもアリなのかなと。
「力み」から離れ「不安定」手前の「リラックス」を目指そうとする際に、
筋力の有無って結構大きいように思う。無論、フォームを長時間維持することに対しても。

フォームでイメージするのは、スキーでフラットバーンを「漕ぐ」場面でのタメや、
テレビで見るスキージャンプの「助走」の感じ。

ペダリングでイメージするのは、クロールの足かなと。
アレも、ひざから下を動かしている方が水も勢いよく跳ねるし、泳いでいる実感は強いのだけど、
股関節を起点に、太ももから先を動かしている方が段違いに前に進む。
自転車においても、ふくらはぎやひざ「だけ」で漕がなくても、もっと使える筋肉があるよなぁ、という具合。

平地はまあ、そこまで意識しなくても前に進んでくれるわけだけど、
重力に逆らうヒルクライムにおいては、少しは考えて漕ぐ必要があると思う。
「ダッシュしている間ブーストゲージが減り続け、ゼロになると一定時間ダッシュが使えない」
対戦ロボット格闘ゲームってのが昔あったと思うけど…
ヒルクライムに関しては「呼吸」と「筋力」のゲージがあって、登るにつれて減り続けるイメージ。
こちらでもゲージがゼロになった時点で以後の登坂ペースはがくっと落ちると。

リズミカルなペダリングや、背筋を不自然に曲げずにたっぷり息を吐くことで「呼吸」を
普段通りの力まない、リラックスしたフォームで「筋力」をそれぞれ長持ちさせられるのかなと。
時にブラケットを握る指にだけ強く力を籠めたり、背中の筋肉を意識したり、立ち漕ぎをすることは
筋力の方を「予備のゲージにシフトする」イメージかな。

とにかく、ブランクがあったり、(イベントのスタートとかで)気持ちが昂ったりすると、
すぐフォームが乱れて、力んで、パワーのロスが発生する事態に陥るので…
次のイベントではその点を意識して臨めればなと。


しっかり、こうして自転車のことを考えたり、子供と運動を通じて接していたりすると、
比較的スポーツに触れてきたような気がするな、と思ったりする。
いつから「自分は根っからの文科系で体育の成績は悪かった」ばかりを考えるようになったのかなと。
posted by shunsuke at 00:45| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441462795
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック