2016年03月01日

機種変の話。

スマホにはスマホの良さがあることは分かっているし、WEBメール一本化にも憧れるのだけど、
諸々の理由からガラケーを愛用中。

どんどんやれることが減ってきているガラケーだけど、今年に入ってから
よく使ういくつかのサイトから「証明書エラー」で弾かれるようになったのをキッカケに
機種変をすることを決定。店舗を回ったり、ネットを使ったりで情報収集。
(どうやら2011年以降に発売した機種は「証明書エラー」が随分マシらしい)

あるお店ではガラケーを探していることを告げた途端ぞんざいに扱われるし、
通勤ルート上の店舗では「ガラケーの店頭在庫は皆無」という状況。
提供側が止めたがっていることをつくづく思い知った。
新品も無し、メーカーの修理受付もなければ替えパーツもなし。
まるでどこかの「世界崩壊前からの遺産」のようであるなと。

とはいえ、どうにかまともに使えそうな機種を手に入れて、機種変更をして貰ったのだけど
…手続きを行う為だけに訪れたお店での勧誘がとにかく凄かった。
(ぞんざいに扱われたりせず、きちんと手続きしてくれただけ物凄くマシなんだろうとは思うけど。。。
ただ、「データ移行」の説明は思いっきり不足していると感じた。)

詳しいやりとりは省くけれど、自分に「魅力的なスマホゲーム」に勝てるほどの意志力は全然ないわけで、
もしスマホを持ったら、ヨメさんが良い顔をしないのは火を見るより明らかだと思う。
(「通話・メール・簡単なイベントの確認」に絞られている現状ですら、なぁ。。。)

これが「あるけど使わない」を貫ける人なら、ソッチが本当はベターなんだろうけれども、
自分は「元々持たない」を見せていくしかない、と。

家に無線LAN環境があれば、ネットプランに入らずに格安でタブレットを持てるってオイシイ話も、
既にパソコンがあるし、それですら、深夜早朝に出来るかどうかって状況で、
万が一タブレットを持つとしたら「外でこそ」使えなきゃ意味ないよなぁ、と。
(ましてや、不注意が原因で液晶を割る、なんてことが有り得ると、自分で良く分かってるし笑)

通話プランの見直しだって、「通話し放題」と同じくらいの通話料払っていることに関しても、
大体は折り返しや実家とのやり取りだし、通話の少ない月に安くなるならそれに越したことはない。
…たまたま、夫婦での通話料やらプランやらを一通り見返した上で臨んだわけだけど、
一体どんな客だろうと思われていたんだろう。マニュアルでもあるんだろうか。

まあ、何はともあれ、機種変更も完了して、電池パックの予備も手に入れられそうなので、
あと数年は環境を変えずに行けるかな…と。
posted by shunsuke at 01:41| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック