2014年09月14日

卒乳と寝かしつけの話。

一歳半を超えて近頃子供の成長が目に見えて感じられるようになったと思う。
(日一日が決して大げさではない感じというか、スポンジとはよく言ったものだと思う。)

モノを指さしたり、発声のバリエーションが増えてきたことなどもあるけど、
個人的に特に気になるのはフィジカル面だと思う。具体的には、追いかけっこにフェイントを混ぜてきたり、
遊具の段差を乗り越えたり、ネットに捕まる際に、「両手足4点のうち、3点を固定して残り1点をムーブさせる」
を、普通にこなしていて驚く。

そういった流れから数日前にヨメさんと、「授乳を卒業させてみようか」という話になり、
寝る前の授乳→そのまま朝まで寝ている という、我が家の中で決まりきった手法を使わなくなることに。

とりあえず、授乳が欲しいというときに泣き叫んだり、しぐさで示してくるので、
「いつもの時間だな」と思ったら、ヨメさんに長風呂に行ってもらい、
まずは子供の機嫌を良くする→本読みだ何だで長期戦覚悟、という流れで、この2日は上手く行ってるかなと。
「子供が一緒になって踊る、無茶苦茶良い反応を示すダンス映像」などは、
確かに機嫌がいっぺんに良くなるし、手足を夢中で動かす様子は微笑ましいのだけど、
「泣くと母乳が貰えるものだ、などと子供に学習させてはいけません」なんて言うくらいだし、
出来合いの、しかもアップテンポな動画に委ねてしまうのは少々怖いような気もする。
DVDやパソコンが毎回使えるかっていったらそうでもないし。
(ビデオカメラの再生なども、物凄い反応を示すし、子供はAV機器が好きなんだなぁ、と。笑)

正直こちらも眠いし、寝かしつけを頑張っているということで、未着手の大事なことが溜まっていても
なんとなく成し遂げたような感に支配されているような、まずいパターンではあるのだけど…
無理をしない程度にやれることはやっていきたいなと。基本的に女性の方が
「○○をして(助けて)欲しい」と言葉にして伝えてくる場面、ってのは相当辛くなっている段階だと思っているし。
posted by shunsuke at 22:53| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック