2016年02月28日

「新幹線移動」の話。

行事や保護者付き合いや何やらで忙しくなる幼稚園前に、
自分側の両親に孫らを見せたいってことで、急遽、実家へと帰ることに。

それに加えて、母親の使ってる自転車が壊れたってことで、こちらで余っている小径車を実家へと送りたかったので…
自転車を乗せられる大きなレンタカーにするか、輪行で後者にするか迷ったのだけど、
結局後者にすることに。 つまり、子供二人&自転車を持っての新幹線旅。

新幹線は幼児無料だけど、その分席が無いので、膝の上が前提という話。
だけど、特に上の子がそのポジションでおとなしくしているわけがなく…今回に関しては
最初から最後までデッキで過ごすつもりで臨んだ。(幸いにしてデッキも温かかったし)

初めて子供を連れて新幹線に乗ったときは、多目的個室の近くをわざわざ指定したり、
授乳のタイミングを考えたり、乗車中もオムツに常に怯えていたのだけど…
今回はその辺り、驚くほど無策だったように思う。 けど、トラブルがなかったのも事実。
子供関連ってとにかく先読みと入念な準備に走りがちだけど、割と出たとこ勝負でも何とかなるな、と。
(ただ、3歳児をおとなしくさせておくには、気乗りはしないけど菓子パワー;)

今回の帰省も、経由地や移動をとことん絞って、両親と孫との時間を少しでも多くしたのだけど、
それが功を奏したのか、お互いが楽しい、何日にも思えるような濃い時間だったように思う。
(帰り道、地元駅に降りてからと、帰宅後の子供の入浴等々はかなりキツかったけども。。
この辺り、車移動であれば、出発前に実家に寄って、子供らを入浴させてから行けるんだけど。)

向こうには行きたい場所、会いたい人も沢山あるのだけれども…新幹線でわずか90分ながら、
遠さを感じてしまうなぁ。あっという間に時間が経ってしまうのだろうなぁ、と思わなくもないけど、
今は、子供がすくすく育ってくれているので、良いとしよう。
posted by shunsuke at 07:58| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

子供の「悪ふざけ」の話。

3歳を迎え、子供の理解力もかなり増えてきて、こちらの言葉の意味を解するだけでなく、
キャッチボールしたり、手元に留め置いたり、そのままあえて行動したりと、
かなり立体的になっているように感じる。

家では平日、相変わらずヨメさん一人で面倒を見ているのだけど、
この所、特に「悪ふざけ」に手を焼いているようで、平日は一緒に居る時間が限られるだけに、
何か良いことは無いかとアレコレ考える日々。アイディアを求めて「論語」なんかを読んでしまったりして。

とにかく、「危険」に関しては瞬間的に理解して、その後対策してくれたりするのだけど、
「道徳」がなぁ…食卓に上がったり、下の子に暴力振るったり、歯磨きを嫌がったり、
歯ブラシを咥えたまま走り回ったり…それらに対して、「こうして欲しい」を強く伝える方法がなかなか。

こういうのに対しては「本人へ」「言葉で」「その場ですぐに」の三拍子と、
「お姉ちゃんだから」とか「他の子は皆できている」などの理屈を持ち出さないことが
セオリーだという認識は変わらないので、根気強く接していくしかないのかなと。

今朝ふと思ったのだけど…「○○しなさい」「○○しないと×」がトリガーとならなかった場合…
子供側が自然に「意に沿った」行動を取ってくれた時などに、こちらが自発的に「ありがとう」ってのは
上の「○○しなさい」に比べてなかなか出せていなかったなぁ、と。

「根気よく伝える」と「やってくれた時はこちらもアクションを取る」をセットでやっていけば、
通じると思って頑張ろう。。。「短絡的な手段」「強い言葉」に向かう前にやれることはあるはずだし。
posted by shunsuke at 19:32| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする